建築板金工事、金属屋根・外壁工事に従事する技能者のレベル判定基準(建設キャリアアップシステム)3分でわかります。

query_builder 2021/05/28
ブログ
建築板金工事、金属屋根・外壁工事に従事する技能者のレベル判定基準(建設キャリアアップシステム)3分でわかります。

こんにちは。

行政書士の岩田です。


この記事では建築板金工事、金属屋根・外壁工事に従事し、建設キャリアアップシステムに

・板金工

として登録している方が、レベル判定を受けるための基準を説明しています。



レベルの判定は、

  • 就業日数
  • 保有資格
  • 班長・職長としての就業日数


上記の3つで判断されます。


※就業日数は、一番古い資格の取得日から今日までの日数です。

班長・職長としての就業日数は、職長などの資格取得日から今日までの日数です。



建設キャリアアップシステムに登録したばかりの人は、まだレベル判定を受けていないのでレベルは1です。



  1. レベル2の基準
  2. レベル3の基準
  3. レベル4の基準


上記の順番で説明しています。



レベル2の基準

就業日数

就業日数が645日(3年)以上であること


保有資格

  • アーク溶接特別教育
  • 玉掛け技能講習
  • 高所作業車運転技能講習


上記の資格を全て持っていること



レベル3の基準

就業日数

就業日数が1505日(7年)以上であること


保有資格

  • 1級建築板金技能士
  • 2級建築施工管理技士
  • 青年優秀施工者土地・建設産業局顕彰
  • 金属屋根工事技士


上記の資格をどれか1つ持っていて、レベル2の資格を持っていること

職長・安全衛生責任者教育を受けていること


職長または班長としての就業日数

215日(1年)以上あること



レベル4の基準

就業日数

就業日数が2150日(10年)以上であること


保有資格

  • 登録建築板金基幹技能者
  • 1級建築施工管理技士
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰


上記の資格どれか1つと、レベル3の資格を持っていること


職長としての就業日数

645日(3年)以上あること


NEW

  • 勘違いはNG!個人事業主が法人成りをして建設業許可を引き継ぐ時のポイント

    query_builder 2021/09/15
  • 令3条の使用人って誰のこと?支店や支所の代表者・所長のことです!

    query_builder 2021/09/02
  • 建設キャリアアップのレベル判定手続きのやり方【9月1日から変わりました】

    query_builder 2021/09/02
  • 静岡県で建築一式工事の建設業許可を実務経験で取るときに必要な重要なもの

    query_builder 2021/08/23
  • 出向社員を経営業務管理責任者として申請するときに必要なもの【建設業許可】

    query_builder 2021/08/23

CATEGORY

ARCHIVE