静岡県で屋根工事の建設業許可の取得方法で悩んでいる方へ。

query_builder 2020/12/16
お役立ち情報
静岡県で屋根工事の建設業許可の取得方法で悩んでいる方へ。

こんにちは。行政書士の岩田です。



屋根工事の建設業許可を取得したいと考えているけど、どうやったらいいのかわからないと困っていませんか?


ポイントは4つです。

本記事を読む事で、屋根工事の建設業許可を取得する際のポイントが分かります。


  1. 建設業許可の一つ【屋根工事】とは
  2. 静岡県で屋根工事の建設業許可を取るには?
  3. 適正な経営能力
  4. 技術力の確保
  5. 資金調達能力
  6. 適格性
  7. まとめ


上記の順番で説明していきます。 是非この記事を参考にしてください。



建設業許可の一つ【屋根工事】とは

屋根工事とは、瓦、スレート、金属薄板等により屋根をふく工事のことです。



注意点


建設業許可での「屋根ふき工事」とは、瓦、スレート、金属薄板等の様々な材料を使っていても、その工事の場所が屋根なら「屋根ふき工事」になります。

板金屋根工事も「板金工事」ではなく、「屋根工事」に当てはまります。



太陽光パネルの設置工事も、そのパネルが屋根一体型なら屋根をふく工事に当てはまるので屋根工事です。


しかし、太陽光パネルのみを屋根に設置する工事は電気工事に当てはまります。

パネルの設置のみでは屋根をふく工事には当てはまらないからです。



静岡で屋根工事の建設業許可を取るには?

石工事の建設業許可を取るためにはポイントが4つあります。


  1. 適正な経営能力があるか(経営業務管理責任者)
  2. 技術力があるか(専任技術者)
  3. 資金の調達能力があるか
  4. 適格性があるか


上記の4つのポイントが求められます。



適正な経営能力


適正な経営能力とは、

  • 建設業の経営経験などがある役員等がいること(経営業務管理責任者)

経営業務管理責任者についてはこちらでも詳しく説明しています。

  • 適切な社会保険に加入していること。


上記の2つが必要です。




経営業務管理責任者についてはこちらでも詳しく説明しています。



屋根工事の経営業務管理責任者になれる人

  • 屋根工事の建設業許可を申請する会社の代表取締役の方、その会社の役員の方の誰かが、5年以上建設業の経営をしていた経験がある。


  • 屋根工事の建設業許可を申請する個人事業主の方(一人親方の場合はその方)が5年以上建設業を経営していた経験がある。


  • 過去に建設会社の役員だった経験が5年以上ある。



上記の経験があれば経営業務管理責任者の要件はクリアできます




例えば、


  • 5年以上前から建設業の会社経営をしていて、今も同じように経営している。
  • 個人事業主(一人親方)として静岡で屋根工事を5年前からやっている。


このよう方は、経営業務管理責任者の要件がクリアできます。




適切な社会保険

上記を参照に、加入義務がある保険に加入していることが必要です。

※従業員が4人以下の事業者だったりと、厚生年金への加入義務がない場合は、保険に加入している必要はありません。



技術力の確保

専任技術者についてはこちらでも詳しく説明しています。



屋根工事の専任技術者になれる人

あなたの会社で働いている従業員の誰か一人か、またはあなた自身が下記に当てはまりますか?


  • 屋根工事業に対応している資格を持っている。
  • 屋根工事の経験が10年以上ある。
  • 大学、専門学校で石工事業に関する学科を卒業して、実務経験もある。


上記のうち、一つでも当てはまれば専任技術者の要件はクリアできます。



石工事業に対応している資格

  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士(仕上げ)
  • 1級建築士
  • 2級建築士
  • 建築板金技能士
  • 板金・建築板金(選択科目「内外装板金作業」)・板金工(板金・板金工は、屋根工事業の場合、選択科目「建築板金作業」に限る)技能士
  • かわらぶき・スレート施工技能士

※太字は特定建設業許可の専任技術者になれる人です。



屋根工事業に関する学科

屋根工事に関する学科は、

  • 土木工学
  • 建築学

です。


上記の学科を卒業して、さらに実務経験が必要です。



具体的には、

  • 所定の学科の中学・高校卒の場合は、卒業後の実務経験が5年以上
  • 所定の学科の大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験が3年以上
  • 所定の学科の先週学校の場合は、卒業後の実務経験が5年以上(専門士、高度専門士なら3年)



まとめると、下記の例に当てはまる方は専任技術者になれます。


  • 1級建築施工管理技士の資格を持っている。
  • 技能検定の1級建築板金を持っている。
  • 屋根ふき工事の経験が10年以上働いている。
  • 技能検定の1級スレート施工を持っている。


上記に当てはまる方は専任技術者の要件がクリアできます。



資金調達能力

一般建設業許可の場合は、

  1. 自己資本額≧500万円
  2. 500万円以上の資金調達能力
  3. 直前5年間、許可を受けて継続して営業した実績があること

上記のどれかに当てはまらないといけません。


銀行や郵便局などの金融機関に発行してもらう500万円以上の残高証明書や融資証明書を使って証明するケースが多いです。


詳しくはこちらで説明しています。



適格性があるか

誠実性があり、欠格要件に当てはまらないことが必須です。

今まで真面目に仕事をしてきている方なら問題なくクリアできます。


こちらの記事で詳しく説明しています。



誠実性とは?


欠格要件とは?



まとめ

屋根工事業の建設業許可を取得するためには何が必要かわかりましたか?


もしこれらの要件をクリアしているからといって、建設業許可がすぐに取れるわけではないんです。


なぜなら今までのことを書類で証明しなければならないからです。


いざ書類の作成を始めると、


  • どんな書類を集めたらいいのか?
  • この書類は使えるのか、使えないのか?
  • 書き方はこれで合っているのか?


などの疑問が出るかと思います。

そんな時は当事務所にご相談ください。


行政書士岩田事務所では、静岡県で建設業許可を取得しようとしている方に対して、無料相談を実施しています。


お気軽にご相談ください。

NEW

  • こんなに違うの?!建設業許可で必要な資料が都道府県によって違う!東日本編

    query_builder 2021/04/23
  • 建設キャリアアップシステムのレベル4、登録基幹技能者になるためには?

    query_builder 2021/03/24
  • 建設業許可【とび・土工工事業】の専任技術者資格を満たす裏技

    query_builder 2021/03/24
  • 建設業許可が不許可の場合、申請手数料は返ってくるのか?

    query_builder 2021/03/22
  • 経営事項審査の提示書類が少なくなりました!(令和3年4月から)

    query_builder 2021/03/19

CATEGORY

ARCHIVE