建設業許可は誰でも取れる?その条件と取得のコツを詳しく解説!

query_builder 2024/06/28
ブログ
行政書士とんぼの事務所(静岡県建設業許可.com)

建設業を営むには、建設業許可が必要ですが、その取得にはさまざまな条件と手続きが伴います。多くの人が「建設業許可は誰でも取れるのか?」という疑問を抱いていることでしょう。本記事では、建設業許可を取得するための具体的な条件や手順、そして取得のコツについて詳しく解説します。これから建設業を始めようとする方や、すでに建設業を営んでいるが許可を取りたいと考えている方にとって、非常に有益な情報を提供します。



建設業許可とは?

建設業を営むためには、建設業許可が必要となります。これは建設業法に基づき、一定の要件を満たした事業者に対して国や地方自治体が発行する許可証です。この許可を得ることで、正式に建設業を営むことが可能となり、事業の信頼性が向上します。ここでは、建設業許可の基本概念、必要性、許可が必要な工事の種類、そして許可を持たない場合のリスクについて詳しく解説します。



建設業許可の基本概念

建設業許可とは、建設業を営むために必要な国家資格です。建設業法に基づき、建設工事の受注や施工を行うために、一定の要件を満たした事業者に対して国や地方自治体が発行する許可証のことを指します。この許可を得ることで、正式に建設業を営むことが可能となります。



許可の必要性

建設業許可が必要な理由は、建設業の健全な発展と、発注者や消費者の保護を目的としているためです。無許可での営業は法律違反となり、罰則が科されることがあります。許可を取得することで、信頼性が向上し、大規模な工事や公共工事を受注することができるようになります。



許可が必要な工事の種類

建設業許可が必要な工事には、建築工事や土木工事、電気工事などがあります。具体的には、請負契約金額が一定額を超える場合(500万円以上の工事や、木造住宅で1500万円以上の工事)には許可が必要です。また、下請けとして受注する場合でも、総額が500万円を超える工事には許可が求められます。



許可を持たない場合のリスク

許可を持たずに建設業を営むと、違法営業とみなされ、罰金や営業停止などの罰則が科されることがあります。また、無許可業者は信用を得にくく、大規模なプロジェクトを受注できないため、事業の発展に大きな制約が生じます。許可を取得することは、事業の安定と成長に不可欠です。



建設業許可を取得するための条件

建設業許可を取得するためには、いくつかの厳しい条件を満たす必要があります。これらの条件をクリアすることで、建設業を正式に営むことができるようになります。ここでは、経営業務管理責任者、専任技術者、財産的基礎、誠実性、欠格要件について詳しく説明します。



経営業務管理責任者の要件

建設業許可を取得するためには、経営業務管理責任者が必要です。経営業務管理責任者とは、建設業の経営に関する責任を負う者のことで、法人の場合は常勤の役員、個人の場合は事業主本人や支配人がこれに該当します。この責任者が適切に経営管理を行うことが求められます。



専任技術者の要件

専任技術者とは、許可を受けようとする建設業に関する専門的な知識や経験を持つ者のことです。営業所ごとに専任技術者を配置することが必要で、この技術者は、一定の実務経験や資格を持っていることが求められます。これにより、技術的な信頼性が確保されます。



財産的基礎と金銭的信用の要件

建設業許可を取得するためには、請負契約を履行できる財産的基礎または金銭的信用が必要です。具体的には、一般許可の場合、500万円以上の資本金や純資産が求められます。特定許可の場合は、さらに厳しい要件が課されることがあります。これにより、事業の安定性が確保されます。



誠実性の要件

誠実性とは、請負契約に関して誠実に業務を遂行できる能力のことです。法人の場合は、法人そのもの、役員、支店長、営業所長が対象となります。個人の場合は、事業主または支配人が対象となります。過去に違法行為や不正行為がないことが求められます。



欠格要件について

欠格要件とは、建設業許可を受けることができない条件のことです。具体的には、過去に一定の重大な違法行為や破産手続きが完了していない場合などが該当します。これらの要件をクリアすることで、許可取得の資格が得られます。



建設業許可を取得する手順

建設業許可を取得するための手順は多岐にわたりますが、適切な手続きを踏むことでスムーズに進めることができます。ここでは、必要な書類の準備、申請書の作成方法、書類提出先と提出方法、そして申請後の流れについて詳しく解説します。



必要な書類の準備

建設業許可を申請するためには、多くの書類が必要です。法人の場合、定款、資格の合格証、工事の注文書や契約書、請求書と入金資料、経営業務管理責任者になる方の保険証などを用意する必要があります。個人の場合は、確定申告書5年分、工事の注文書や契約書、請求書と入金資料、資格の合格証、保険証などが求められます。これらの書類を事前に揃えることで、申請手続きがスムーズに進みます。



申請書の作成方法

申請書は指定された様式で作成しなければなりません。建設業許可申請書には多くの情報を正確に記入する必要があり、記入ミスや不備があると申請が却下されることがあります。申請書の作成に際しては、詳細なガイドラインを参照しながら慎重に作業を進めることが重要です。



書類提出先と提出方法

申請書および関連書類は、管轄の行政機関に提出します。法人の場合は法務局や税務署、市役所・区役所などから必要な書類を入手し、それらをまとめて提出します。提出方法は、直接窓口に持参するか、郵送で行うことが一般的です。提出前に書類の内容を再確認し、不備がないことを確認しましょう。



申請後の流れ

書類を提出した後、審査が行われます。審査期間は通常1ヶ月から3ヶ月程度ですが、書類に不備がある場合や追加資料が必要な場合は、さらに時間がかかることがあります。審査が完了すると、建設業許可証が発行されます。許可証を受け取ったら、正式に建設業を営むことが可能となります。また、許可取得後は定期的な更新手続きも必要です。



建設業許可取得のための注意点

建設業許可を取得するためには、いくつかの重要な注意点があります。これらを事前に理解しておくことで、スムーズに許可を取得し、申請プロセスでのトラブルを避けることができます。ここでは、書類の不備を防ぐ方法、申請時期の重要性、要件を満たすための工夫、専門家に依頼するメリットについて詳しく解説します。



書類の不備を防ぐ方法

建設業許可申請において最も多いトラブルの一つが、書類の不備です。提出書類が揃っていない、記入ミスがある、必要な証明書が不足しているなどの不備があると、申請が受理されない場合があります。不備を防ぐためには、事前に必要書類のリストを作成し、各書類の内容を丁寧に確認することが重要です。また、行政書士や専門機関に事前チェックを依頼することも有効です。



申請時期の重要性

建設業許可の申請時期も重要なポイントです。例えば、年度末や繁忙期には行政機関の処理が遅れることがあるため、余裕を持ったスケジュールで申請を行うことが推奨されます。また、事前に申請予定日を設定し、その日までに必要書類を揃えるように計画を立てることが重要です。これにより、スムーズな申請手続きが可能となります。



要件を満たすための工夫

建設業許可の要件を満たすためには、いくつかの工夫が必要です。例えば、経営業務管理責任者や専任技術者の要件を満たすためには、経験や資格を事前に確認し、必要な要件を満たすための準備を行うことが必要です。また、財産的基礎や金銭的信用についても、事前に資本金や純資産の確認を行い、必要に応じて増資や資産管理を行うことが推奨されます。



専門家に依頼するメリット

建設業許可の申請手続きをスムーズに進めるためには、専門家に依頼することも一つの方法です。行政書士や専門機関は、申請手続きのプロフェッショナルであり、書類の準備や申請書の作成、提出までをサポートしてくれます。これにより、書類の不備や申請手続きのミスを防ぎ、スムーズに許可を取得することが可能となります。また、専門家のサポートを受けることで、時間と労力を節約できるというメリットもあります。



静岡県建設業許可.comのサポート内容

建設業許可を取得するための手続きは複雑で、多くの時間と労力を要します。しかし、静岡県建設業許可.comでは、これらの手続きをスムーズに進めるためのさまざまなサポートを提供しています。ここでは、無料診断の提供、書類準備の代行、毎年のフォローアップ、そして手続きのスピードと信頼性について詳しく解説します。



無料診断の提供

当事務所では、建設業許可が取得できるかどうかの無料診断を行っています。これにより、許可要件を満たしているかどうかを事前に確認することができます。無料診断では、必要な書類や情報を提供していただき、専門家が詳しく診断を行います。このサービスを利用することで、事前に問題点を把握し、適切な対策を講じることが可能となります。



書類準備の代行

建設業許可を取得するためには、多くの書類を準備する必要があります。静岡県建設業許可.comでは、これらの書類準備を代行しています。必要な書類をお客様に代わって集め、申請書の作成を行うことで、手間を大幅に軽減します。また、書類の不備がないように丁寧に確認し、確実な申請手続きをサポートします。



毎年のフォローアップ

建設業許可を取得した後も、毎年の更新手続きや変更届などが必要となります。当事務所では、許可取得後のフォローアップも充実しています。定期的な確認や必要な手続きを代行し、お客様が安心して事業を続けられるようサポートします。これにより、許可の更新漏れや手続きの遅れを防ぐことができます。



手続きのスピードと信頼性

当事務所は、迅速かつ信頼性の高いサービスを提供しています。経験豊富なスタッフが手続きをスピーディーに進め、最短での許可取得を目指します。また、丁寧な対応と確実な手続きにより、多くのお客様から高い評価をいただいています。これにより、安心してお任せいただけます。



まとめ

建設業許可は、建設業を営む上で欠かせない重要な資格です。許可を取得することで、正式に建設業を行うことができ、信頼性や受注の幅が広がります。本記事では、建設業許可の基本概念、取得のための条件、手順、注意点、そして静岡県建設業許可.comのサポート内容について詳しく解説しました。許可を取得するためには、様々な要件を満たし、書類を整備する必要がありますが、当事務所のサポートを活用することで、スムーズに手続きを進めることが可能です。建設業許可の取得を目指す皆様は、ぜひ静岡県建設業許可.comのサービスをご検討ください。


https://shizuoka-kensetsukyoka.com/contact/

NEW

  • 建設業許可とは?必要な要件や取得方法を徹底解説!

    query_builder 2024/07/08
  • 個人事業主でも取れる?建設業許可取得の具体的な手順と必要書類

    query_builder 2024/06/30
  • 建設業許可は誰でも取れる?その条件と取得のコツを詳しく解説!

    query_builder 2024/06/28
  • 建設業許可を取るべき理由とは?メリットを徹底解説!

    query_builder 2024/06/10
  • 機械器具設置工事の専任技術者要件が緩和されました。【建設業許可】

    query_builder 2023/12/03

CATEGORY

ARCHIVE