令和3年1月1日から建設業許可の申請書、届出書への押印が不要になりました!

query_builder 2020/12/27
ブログ
令和3年1月1日から建設業許可の申請書、届出書への押印が不要になりました!

なんと、令和3年1月1日から建設業許可申請書、変更届出書への押印が不要になりました。



静岡県では建設業許可の書類は3部提出しなければいけません。

  • 正本 1部
  • 副本 2部

正本にハンコを押して、それを2部コピーすればいいのかというと、それはダメです。

書類を3部印刷して、それぞれにハンコを押さなければいけなかったんです。


ハンコが必要な書類はたくさんあるので、その全てに押印をすると、結構な手間だったんじゃあないかと思います。


これが今回不要になりました。


押印が不要になっただけで、禁止になったわけではありません。

書類に押印がされていても、今まで通り受付はしてくれるようです。



押印が不要になった書類

各項目はクリックでダウンロードできます。




今まではこれだけの書類に押印が必要でした。

これらにハンコを押す必要がなくなったのは、かなり手間が省けるんじゃあないかと思います。



押印廃止のメリット

押印廃止のメリットは、ハンコを押す手間がなくなる。これ一択です。

申請する方は、ハンコが押してない箇所があれば後日訂正したものを提出する必要がありましたし、

確認する方は、一つ一つを印鑑証明書と照らし合わせ、確認する必要がありました。


この作業がなくなったのは大きなメリットだと思います。



押印廃止のデメリット

押印されていない書類は、訂正印での訂正ができません。

後日、正しい書類を提出する必要があります。


なお、土木事務所での申請(事業年度終了後の変更届など)は、簡易なものなら申請者等の印鑑を使った訂正が効くようです


捨印での訂正はできません。



まとめ

今までハンコが必要だったものが不要になるのは新しいことへのチャレンジとしてとても良いと思います。


ただ、急に不要にしたので今までになかった問題が出るかもしれません。

それでも正しい書類を作り、申請すれば良いだけです。

書類の作成でお悩みがあればご相談ください。

NEW

  • 登録解体基幹技能者、登録圧入工基幹技能者、登録送電線工事基幹技能者、登録さく井基幹技能者の資格が...

    query_builder 2022/11/19
  • 建設業許可【塗装工事業】の専任技術者資格を満たす裏技

    query_builder 2022/11/19
  • 令和5年1月から建設業許可の電子申請が始まります。

    query_builder 2022/11/17
  • 建設業許可の確認資料として提出する注文書は、適正なものでないと使えません!

    query_builder 2022/06/03
  • 電気通信工事の専任技術者資格が新しく追加されました。【追加、変更できるのは令和6年〜】

    query_builder 2022/02/16

CATEGORY

ARCHIVE